セミリタイアして副業

 

セミリタイアして副業をしよう

セミリタイアして優雅な生活を送りたいと考えている方は、副業を行うのが最低条件だと説明できます。

 

有り余るほどの貯蓄を持っているのであれば、無理に副業で稼がなくても、残りの人生を自由に楽しむことができるはずです。

 

しかし、多くの方は短期間で大きな貯蓄を得るのが難しく、ごく一般的なサラリーマンの方であれば、30代や40代で老後まで必要な資金を貯めることはできません。

 

それでも、「会社の呪縛から逃れて自由になりたい」というのであれば、自分で何かしらの手段を持って副業を行い、収入を得られるようになってからセミリタイアをする必要性があります。

 

収入のあてが全くないのにも関わらず、自分の感情だけで会社を辞めてセミリタイアをすると、貯金を食いつぶすだけの生活となり、貯蓄が減っていくことでどんどん不安感が募るはずです。

 

このような状態をできる限り避けるためにも、セミリタイアしても生活できるほどの収入を副業で得られているというのが、最低条件なのではないでしょうか。

 

仮に、副業で自分一人が生きていくために十分な収入を得られていたとしても、それが永遠に続くという保証はないので、セミリタイアをして会社を辞めるというのは、高いリスクを伴うことだと頭に入れておくべきです。

 

副業で得られている収入が全くなく、ただ会社から逃れたいということでセミリタイアをすると、失敗する可能性が高いというのはお分かり頂けると思います。

 

そこで、老後まで生きていくための貯蓄があるというわけではなく、セミリタイアを早い年齢で実現させたいのであれば、副業である程度の収入を得ておかなければならないのです。

 

実際に会社を辞めてから、「どのような副業をしようか?」「どのような方法で稼いでいけば良いのか?」と考えるのは、愚の骨頂だと説明できます。

 

会社を一度辞めてしまったら、余程のことがない限りは復帰することはできないため、在職中に今後の副業の内容について考えておかなければならないのです。

 

ネット副業として有名なアフィリエイトやネットショップ、株式投資や不動産投資など幾つかの方法があり、どの分野が自分に適しているのか考察する必要があります。

 

お金のためだけではなく、将来のセミリタイアのために副業をするのは良いことですが、「会社の勤務中にやらない」「会社の業務を副業にしない」という点に注意しておかなければなりません。

 

また、自分が属している企業によっては、副業を行うこと自体が会社の就業規則に抵触している可能性があるので、就業規則を事前に良く研究しておくことも大事だと説明できます。

 

インターネット関連のビジネスの場合、1年間で20万円未満の所得であれば、申告しなくても良いという決まりになっているため、サラリーマンの方が気軽に副業を始められる手段の一つなのではないでしょうか。

 

 

「セミリタイアの過ごし方」についてのページ