セミリタイアとスローライフ

 

セミリタイアとスローライフについて

スローライフとは、長い人生をゆったりと楽しむという考え方の一つで、セミリタイアもこのスローライフと同じ意味だと説明できます。

 

セミリタイアは、定年まで働き続けるのではなく、途中で会社を辞めて何かしらの形で自分の力で収入を得て、残りの人生を楽しんでいくという生き方の一つです。

 

つまり、セミリタイアとスローライフはイコールで結ばれますし、実に人間らしい生き方だと言えます。

 

したくもない仕事を毎日のようにやらされているのは、決して人間らしい生き方だとは言えませんし、ストレスが溜まって爆発してしまうという方も少なからずいらっしゃるのです。

 

もちろん、人間がこの世で生きていくためには、お金を稼ぐのが最低条件なのですが、それでも自分の身体を壊してまで働くのが良いかと問われるとそれには疑問が残るので、スローライフを送るのは選択肢の一つでしょう。

 

このスローライフという言葉は、何も仕事以外で使われているというわけではなく、「残業ゼロ」「有給休暇の完全消化」という姿勢も持ち合わせており、実際に採用している会社は存在します。

 

現在では不況の煽りを受けて、スローライフを実施していない会社が多いかもしれませんが、この発祥の地であるイタリアでは積極的に取り入れられているのです。

 

日本と比べると、欧米諸国の方が個人の人生を重んじる傾向があり、セミリタイアも日本と比べると欧米諸国の方が実施している人の数が多いという特徴があります。

 

日本では、「セミリタイアして働かない=ニート」という考えを未だに持っている方が多く、積極的に推奨されているわけではありません。

 

その点、欧米ではほとんどの方がセミリタイア(向こうではアーリーリタイア)を希望しており、会社で働き続ける人生ではなく、スローライフを楽しむ運動がなされております。

 

それに、セミリタイアを決意してスローライフを楽しんだとしても、全く働かないというわけではなく、個人によっては自分で事業を行って副収入を得ているという方は意外と多いのです。

 

誰の指図も受けず、自分の裁量で仕事を進めていけるところが、起業の大きな利点だと言えるのではないでしょうか。

 

誰でも簡単に稼げるというわけではありませんが、何かチャレンジしたい事業があるのならば、セミリタイアで得た時間を有意義に使うべきです。

 

また、スローライフを送るためにセミリタイアするのならば、事前にどのような生活を送ろうか考えておいた方が良いかもしれません。

 

実際にセミリタイアして時間ができ、いざ好きなことをしようとしても、計画を練っていないと時間を無駄にする可能性があるので、十分に注意してください。

 

 

「その他」についてのページ