セミリタイアと健康保険

 

セミリタイアと健康保険について

セミリタイアをする方は、老後のことを考えて常にお金の管理を行っていかなければならないため、健康保険料をどのくらい支払わなければならないのか、事前にチェックしておく必要があります。

 

貯蓄も年金受給額もそこまで多くない人が抱える悩みの一つで、セミリタイアをしないという方でも税金の支払いには気を配るはずです。

 

その数ある税金の中でも健康保険は最たるもので、定年退職時には手厚い指導を受けられる可能性があるものの、セミリタイアするために自分の意思で辞める場合は、自分で調べて手続きを行っていかなければなりません。

 

そもそも、健康保険とは病気や怪我、出産や死亡といった事態に備えるための公的な医療保険制度のことを指しており、全ての国民が年齢の区別なく加入が義務付けられております。

 

一般的な健康保険は国民健康保険のことを指し、会社勤めや公務員でない人が加入しなければならないのです。

 

つまり、セミリタイアして会社勤めを辞めたという方は、この国民健康保険に加入する義務があり、病院で診療を受けた際に3割負担の費用で済みます。

 

支払い金額に関しては自治体によって大きな違いが生じているので、セミリタイアをした後は、自分が住む地域の情報を事前にしっかりと仕入れておくべきです。

 

その計算方法は、前年で得た所得によって決まる所得割や、所得や資産で決まる資産割、加入者一人につき支払う均等割などを組み合わせ、全体の料金が決定するという仕組みとなっております。

 

セミリタイアして新たな仕事をしないとしても、個人事業主になって自分で自営業を営むとしても、この国民健康保険に加入しなければならないというわけです。

 

また、今まで勤めていたところの保険をそのまま継続できる任意継続被保険者というシステムもあり、国民健康保険料と比較してみて、安い方を利用するのが一般的となっております。

 

ただし、いつまでも任意継続被保険者になれるというわけではなく、最長で2年間という期限が設けられており、その後は国民健康保険に加入しなければならないということを頭に入れておくべきです。

 

以上のように、セミリタイアしてフリーになったのであれば、健康保険に関する知識を得ておかなければなりません。

 

きちんと加入しなければ、何か病気になった際に3割負担で治療を受けることができなくなってしまいますし、加入するのが日本人の国民の義務なのです。

 

お金の管理を行っていくためにも、会社を辞めてセミリタイアする前に、自分で調べるようにしてください。

 

 

「その他」についてのページ