自衛隊のセミリタイア

 

自衛隊のセミリタイアについて

自衛隊を辞めてセミリタイアしたという方はおり、新たな人生を送る手段の一つがセミリタイアです。

 

自衛隊と一口に言っても、海上自衛隊や陸上自衛隊など様々な種類があり、基本的な仕事は自衛官や事務官、技官というように職域や階級によって分けられております。

 

どの仕事だとしても、自衛隊の訓練は非常にキツく、個々の能力を高めるために、レンジャー要員の教育や冬季戦技教育、コンピュータ教育など、たくさんの訓練を毎日こなしていかなければならないのです。

 

その訓練が嫌になり、このまま働き続けるのが難しいということで、セミリタイアして新たな人生を歩んでいくという方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、自衛隊に入隊し、途中で辞めると職歴にキズが付き、新たな就職先を見つけるのが困難となる可能性があるので、セミリタイアするのであれば今後の人生についてきちんと考えておかなければならないのです。

 

早い段階で自衛隊を辞めるのであれば、そこまで貯蓄を増やすことはできないはずですし、20代や30代といった若い方であれば尚更老後までの貯蓄はできていないと思われます。

 

そのような状態でセミリタイアしても、今後の生計を立てていくことはできないはずなので、自覚を持っていなければならないというわけです。

 

例えば、インターネットビジネスで副業を行っており、次なる収入の柱があるのならば、自衛隊を辞めてセミリタイアするのは選択肢の一つとなっております。

 

ストレスを溜め続けたまま、自衛隊として働いていくのはどうかと思われますし、必ずしもその人生が自分に合っているというわけではありません。

 

それに、自衛隊の仕事は厳しい労働の割に給料が安く、逆に将来に不安を感じるという方が多くなっております。

 

「このまま続けていて良いのだろうか?」「何か新しいことを始めた方が良いのだろうか?」という不安を抱いているのであれば、セミリタイアにチャレンジしてみる価値は大いにあるはずです。

 

とは言え、自衛隊を辞めた後に収入があるのならばまだしも、他の企業に入社しようと考えているのであれば注意が必要となります。

 

自衛隊は一般社会とは少々異なる世界なので、新たに就職先を見つけたとしても、その環境に適応できずに直ぐに辞めてしまう可能性が高いですし、「辞めずに続けていれば良かった」と感じる方が多いのは事実です。

 

20代の段階では給料が安いとしても、我慢して働き続けて30代40代になれば、自然と給料も上がっているはずなので、諦めずに働き続けるというのも選択肢の一つだと言えます。

 

 

「セミリタイアと職業」についてのページ