医師のセミリタイア

 

医師のセミリタイアについて

サラリーマンがセミリタイアするには、場合によっては長い期間が掛かってしまうものの、医師であれば短期間で実現できる可能性があります。

 

歯科医師なのか外科医師なのかによって異なりますが、基本的に年収が非常に高いので、30代や40代でセミリタイアを実現できるというわけです。

 

医師の平均月収は約88万円、平均年収は約1,100万円なので、節約する生活を続けていれば直ぐにお金が貯まり、セミリタイアすることができます。

 

とは言え、医師になるまでには長い道のりが必要で、直ぐに年収で1,000万円を得られるというわけではなく、医学部を卒業した後に国家試験にパスした研修医の場合は、大よそ300万円〜400万円程度しかありません。

 

そのため、30代でセミリタイアに必要な資金を稼ぐというのは、医師でも意外と大変なので、実現させるには40代や50代くらいになると考えられます。

 

医師を辞めてセミリタイアした後に、何か稼げる術があるのならば、必要な資金は下がりますが、副収入を貰えるあてがないのならば、セミリタイアを始める前に資金を貯めておかなければならないのです。

 

これは医師だけではなく、他の職業に就いているという方にも言えることで、年金を貰えると仮定しても、人間が生きていくためにはお金が掛かるので、それを計算して必要な資金を集めるのが先決だと言えます。

 

また、医師の場合は大学病院などに勤務するのではなく、自分で診療所やクリニックを開業するという手段もあるでしょう。

 

開業医になれば、病院のことを全て自分の裁量で決めることができますし、自分が社長となるわけですから、仕事を行う上でのストレスは大分軽減されるはずです。

 

開業医と言ってもピンキリなので一概は説明できないものの、軌道に乗れば年商で2,000万円〜3,000万円程度はいきます。

 

しかし、この収入が全て自分の財産になるというわけではなく、クリニックをゼロから開業するとなると、莫大な費用が必要となることを頭に入れておかなければなりません。

 

レントゲン台は1台につき中古で数百万円、新品ですと1,000万円は軽く超えますし、初期投資に1億円程度を費やすというケースも珍しくないので、大きなリスクを伴うというわけです。

 

開業後は借金の返済に追われる毎日が続くと想定されるので、セミリタイアするのは随分先になってしまうと説明できます。

 

それでも、開業すれば自由に医師としての仕事をしていくことができるので、選択肢の一つとして考えてみてください。

 

 

「セミリタイアと職業」についてのページ