セミリタイアと年収

 

セミリタイアと年収について

「セミリタイアは高所得者でなければ実現できない」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

高所得者で貯蓄がそこまで多くなかったとしても、セミリタイアしてから何かしらの方法でお金を稼ぎ、ある程度の年収を得ることができれば実現できるのです。

 

どの程度の年収があればセミリタイアできるのか一概に説明できないものの、副収入があればあるほど、貯蓄の額が多くなくてもセミリタイアして会社に縛られることなく生きていくことができます。

 

何事にも我慢の時期は必要で、「生活維持や将来のことを考えると今の仕事を続けるしかない」と半ば諦める気持ちは大いに分かるのです。

 

それでも、もしかしたらその選択をして人生に悔いを残してしまうかもしれないので、少ない年収を得ながらセミリタイアをするのは選択肢の一つだと説明できます。

 

貯蓄がたくさんあるのならば、不動産投資で不労所得を得たリ、会社に在籍していなくてもパートやアルバイトといった方法で幾らかの年収を得ることはできるのです。

 

例えば、1年間に掛かる生活費の合計が300万円だと仮定し、65歳から公的年金を1年間に160万円程度支給されるとします。

 

そうすると、30歳でセミリタイアすると必要な資金は5,600万円〜7,500万円、40歳で5,500万円〜7,300万円、50歳で4,500万円〜5,300万円、60歳で3,300万円〜3,600万円という計算になるのです。

 

しかし、アルバイトなどで年収60万円を得ていれば、30歳でセミリタイアしたと仮定すると4,500万円〜6,200万円、40歳で4,200万円〜5,500万円、50歳で3,700万円〜4,600万円、60歳で2,800万円〜3,300万円と必要な資金を大きく減らせます。

 

もう少し不労所得を増やし、会社を辞めたとしても年収で160万円程度貰っているのであれば、30歳でのセミリタイアで2,500万円〜3,600万円、40歳で2,500万円〜3,500万円、50歳で2,500万円〜3,200万円、60歳で2,500万円〜2,900万円というように、そこまで不可能な額ではなくなるというわけです。

 

意外とその気になって取り組むことにより、早い段階でセミリタイアを実現できますし、ある程度の年収を得ていれば、貯金を崩すだけの生活を避けられるかもしれません。

 

「もう企業に使われて働きたくない」と考えている方はいらっしゃいますが、サラリーマンとしてお金を稼いでいくよりも、アルバイトやパートの方が圧倒的に楽ですし、ストレスを溜め込まずに済みます。

 

何よりも、平日は毎日働かなければならないというわけではなく、自分の好きな時間に働けるというメリットがあるので、セミリタイアを目指しているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

「セミリタイアに必要な資金・資産」についてのページ