セミリタイアと不動産

 

セミリタイアと不動産について

不動産投資とは、投資するための不動産を購入して所有し、その物件を第三者に貸すことで毎月の家賃収入を得る手法の一つとなっております。

 

不動産を購入するに当たって銀行ローンを組むとしても、月々の返済は所有する物件から入る家賃収入でまかなえるため、不動産投資でセミリタイアするという方が増えているのです。

 

「不動産投資を行って楽して稼ごう」「不動産投資を行えばセミリタイアできる」というように、憧れているという方は多くいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、不動産投資でセミリタイアをするのは非常に高いリスクがあり、安易な考えで行うと失敗する可能性が高いので、十分に注意しなければならないのです。

 

不動産投資には幾つかのリスクがあるため、全てを説明するのは難しいものの、その一つとして低稼働のリスクが挙げられます。

 

人口密集度の高い人気エリアの物件を購入するのであれば、特に問題とはなりませんが、駅から離れた不便なアパートや、供給過剰感の高い都心の高層マンションを購入する場合は、空き部屋にかる可能性があるのです。

 

空き部屋になっている期間が長ければ長いほど、家賃収入を得られなくなることはお分かり頂けるでしょうし、その間もローンは支払い続けていく必要があります。

 

セミリタイアして不動産投資を行っていくのであれば、収入を得られない状態でローンを支払っていかなければならなくなり、貯蓄はどんどん減っていく一方なので、空き室になるリスクを常に考えておかなければならないというわけです。

 

また、区分所有のマンションであれば、余程古い物件でなければ、管理組合や管理会社がきちんと対応してくれていれば、修繕のリスクはある程度予測できるでしょう。

 

しかし、一棟買いのマンションや中古アパートを購入した場合、給排水設備の異常や雨漏りといったクレームは、不動産投資をしているあなたの元にきます。

 

古いマンションであれば修繕しなければならないというリスクが発生するので、あらかじめリフォーム業者を決めておいた方が良いのです。

 

外壁の修繕を怠り、壁が崩落してしまったという場合は、民事上の責任以上の責任を負わなければならないことも少なくありません。

 

以上のように、不動産投資でセミリタイアするのは簡単ではありませんし、少ない資金でチャレンジするのは危険なので、積極的におすすめできる方法ではないというわけです。

 

セミリタイアで大きなリスクを背負っているのにも関わらず、更にリスクを積み重ねるのは愚の骨頂なので、会社を辞めてアルバイトなどで少しの収入を得るといったセミリタイアの方が良い気がします。

 

 

「セミリタイアに必要な資金・資産」についてのページ