セミリタイアと貯金

 

セミリタイアと貯金について

セミリタイアして優雅な暮らしを送りたいと考えている方は、どの程度の貯金額があれば良いのか疑問を感じているはずです。

 

貯金があればあるほど良いということは間違いなく、セミリタイアを始める年齢にもよって異なるものの、1,000万円程度の貯金では難しいと言えます。

 

「持ち家がある」「賃貸に住んでいる」というケースで異なるので一概には説明できないのですが、セミリタイアしてこのまま賃貸で住み続けていくのであれば、かなりの貯金額が必要だと心得ておくべきです。

 

例えば、2人以上の世帯での平均支出は約30万円となっており、1年間として計算すると360万円となります。

 

この生活費を維持してセミリタイアすると仮定すると、30歳から始めた場合は6,700万円〜9,200万円、40歳から始めた場合は6,200万円〜8,200万円、50歳から始めた場合は5,300万円〜6,700万円程度の貯金が必要なのです。

 

子供の学費などに費やすお金がなかったり、もっと生活レベルを落とせば必要な貯金額は減るものの、それでもかなりの貯金額がなければセミリタイアすることはできません。

 

ゆとり教育の影響からか、20代や30代で大した貯金額がないのにも関わらず、セミリタイアしたいと考えている若者もおり、ストレス過多の環境から少しでも早く抜け出したいと考える気持ちは大いに分かります。

 

確かに、上司に理不尽なことで怒られたり、職場の同僚と気まずい関係になりながら働き続けるのは非常に大変なことで、うつ病を患うという方もいらっしゃるでしょう。

 

それでも、セミリタイアしたいのであれば、お金を稼がなければならないので、上記で説明した程度の貯金を貯めることが先決というわけです。

 

独身でこのまま一人で生活していくというのであれば、1年間の生活費をもっと安くできるので、セミリタイアに必要は貯金はもっと減ります。

 

また、セミリタイアに必要なのは、最初の貯金額だけではなく支出のコントロールで、いかにローコストで生活を送っていくかが重要なのです。

 

遊んで暮らせるほどの貯金額があれば、セミリタイアして優雅に暮らすことはできるかもしれませんが、そこまでの貯金を作るのは並大抵のことではありませんし、ある程度は節約していかなければなりません。

 

浪費しやすいという方は、セミリタイアして支出のコントロールが上手くできず、「80歳まで暮らす資産がなくなってしまった」という事態に陥るかもしれないので、十分に注意してください。

 

 

「セミリタイアに必要な資金・資産」についてのページ