セミリタイアに必要な資金・資産

 

セミリタイアに必要な資金・資産について

セミリタイアに必要な資金はどのくらいなのか、疑問を持っているという方は多くいらっしゃるはずです。

 

確かに、どんなにセミリタイアしたいという思いが強かったとしても、資金がなければ絶対にできませんし、人間が生きていくためにはお金が掛かります。

 

そのため、早期に退職して優雅な生活を送るセミリタイアを夢見ているのであれば、ある程度の資産を貯めなければならないというわけです。

 

個人によって会社を退職した後の生活の仕方に違いが生じておりますし、男性と女性とでは平均余命が異なるため、一概に「○○○○万円の資産が必要」と言い切ることはできません。

 

それにセミリタイアを開始する年齢は、会社を退職するまでに、どの程度の給料を得ていたかにもよって異なるので、バリバリと働いてたくさんの給料をもらっていたという方ほど、早めにチャレンジできます。

 

そこで、公的年金が65歳から1年間に160万円支給され、平均余命よりも少し長い90歳までマイナスにならない額を算出すると、1年間の生活資金が240万円であれば、30歳からセミリタイアを開始すると4,400万円〜5,800万円、40歳で4,000万円〜5,000万円、50歳で3,400万円〜3,900万円、60歳で2,300万円〜2,400万円となるのです。

 

もう少し優雅な暮らしをしたいということで、1年間の生活資金を360万円と仮定し、30歳からセミリタイアを開始すると6,700万円〜9,200万円、40歳で6,200万円〜8,200万円、50歳で5,300万円〜6,700万円、60歳で3,900万円〜4,700万円必要となります。

 

「意外と少なくて済むな」と感じた方はいらっしゃるかもしれませんが、30歳の時点でこれだけの資産を持っているという方は、かなり限られているのではないでしょうか。

 

50代を過ぎてセミリタイアするとしても、定年退職までにお金を稼げないと仮定すると、かなりの資金が必要となるわけです。

 

もちろん、セミリタイア後に自分で事業を行い、ある程度の収入が見込めるのであれば、必要な資産はもっと少なくなりますし、1年間の生活資金を上げたとしても、難なく暮らしていくことができます。

 

これは当たり前のことかもしれませんが、大して資産がないのにも関わらず、セミリタイアをしたいと考えるのは無謀であり、まずは少しでも多くのお金を貯めるために努力をしていかなければならないのです。

 

とは言え、「○○歳になったら絶対にセミリタイアする!」という意気込みを持って仕事に打ち込んでいれば、成功して資金を貯められる確率は上がるはずなので、努力してチャレンジする価値は大いにあります。

 

 

「セミリタイアに必要な資金・資産」についてのページ