セミリタイアとロングステイ

 

セミリタイアとロングステイについて

セミリアイアをして時間に余裕ができ、ロングステイをするという方がいらしゃいます。

 

ロングステイとは、海外に永住するわけでも移住するわけでもなく、長期間に渡った海外滞在型余暇のことで、基本的に2週間以上の滞在のことを指しているのです。

 

会社で働いていた時期では、長い休暇を得ることは難しく、ロングステイする機会はなかったものの、セミリタイアすれば自由に時間を使えるため、ロングステイも十分に可能だと説明できます。

 

海外に移住するつもりはなくても、海外での生活を長期間に渡って楽しみたいというのであれば、ロングステイをしてみるのが良いのではないでしょうか。

 

一般的に、短期旅行者のための宿泊施設を利用するのではなく、生活に必要なキッチンなどが備わっている宿泊施設を保有したり貸借したりするという特徴があり、自由時間が大きな目的となっております。

 

旅行して観光を楽しむというよりも、海外での生活がロングステイの目的でもあり、日常的生活を実際に行って日本とどのような違いがあるのか確かめていくのです。

 

もちろん、現地で労働をして収入を得るというわけではなく、生活資金の源泉は日本で、実際に海外に移住しようとしている方が、事前にロングステイを体験してみるというケースが多いかもしれません。

 

一切観光してはいけないというわけではありませんし、海外でのショッピングを楽しむこともできるので、セミリタイアして暇を持て余しているのであれば、ロングステイは一つの手段だと説明できます。

 

一定期間であればそこまで多くの費用を支払わなければならないというわけではないですし、地域によっては物価が日本よりも安いため、良い経験となることは間違いないです。

 

そして、「この場所であれば将来住めるかも」と感じたのであれば、ロングステイ後に移住を考えるのは選択肢の一つだと言えます。

 

どちらにしても、会社勤めをしている方であれば経験できないようなことなので、時間を有効的に活用するためにも、セミリタイアしてロングステイするのは適しているというわけです。

 

短期間の旅行ではなく、ロングステイをすれば語学を学んで、現地の人々とコミュニケーションを取ることができますし、マリンスポーツや乗馬など、スポーツに時間を費やすことは可能となっております。

 

「セミリタイアして海外に移住したい」という強い思いがあったとしても、いきなり海外へ移住してすんなりと生活に慣れるのは非常に難しいことなのではないでしょうか。

 

それに、幾つかの候補をピックアップすることも大事なので、移住する場所を探すために、ロングステイを利用してみてください。

 

 

「セミリタイアの生活」についてのページ

セミリタイアと貧乏
・セミリタイアとロングステイ
セミリタイアの住居