セミリタイアの住居

 

セミリタイアの住居について

セミリタイアした方は、今後の住居をどうするのか考えておかなければなりません。

 

「持ち家が欲しい」「一生賃貸住まいで良い」というように、個人によって考え方は大きく異なり、住居は人生を大きく左右する要素の一つだと説明できます。

 

元々持ち家があり、ある程度の貯金があってセミリタイアするのならば、毎月支払わなければならない家賃を気にすることがないため、会社を辞めるリスクを回避できるはずです。

 

もちろん、35年の住宅ローンを組んでおり、これから先も支払い続けていかなければならないのであれば、セミリタイアはもう少し考え直した方が良いと言えます。

 

住居が確保されており、路頭に彷徨う心配がないとしても、副収入で大きな利益を上げることができていないのであれば、このまま会社で働き続けて資金を確保した方が良いというわけです。

 

「副収入があるから大丈夫」だと考えていても、毎月安定した収入が得られていないのであれば、セミリタイアするリスクはかなり大きいと言えるでしょう。

 

人生は何が起こるか分からないので、最悪のケースも考慮し、今後の自分について深く考えておく必要があります。

 

逆に、もう既に住宅ローンの支払いが完了していたり、元々親から受け継いだ住居なのであれば、老後の生活費の中に家賃を入れる必要性はないため、セミリタイアしやすいというわけです。

 

貯蓄が全くないのにも関わらず、セミリタイアして新たな人生を歩むというのは危険ですが、住居を持っておらず賃貸生活を続けるという方よりも少ない資金で、セミリタイアを実現できます。

 

毎月10万円の家賃を支払い続けるだけでも、1年間で120万円という費用となり、10年間で1,200万円なので、40歳でセミリタイアをした場合、80歳まで生きたと仮定しても、家賃だけで4,800万円も掛かるのです。

 

会社を辞めて一切の安定した給料を得られなくなれば、自己で行っている事業の収入だけに頼らざるを得ないので、セミリタイアするには貯蓄が大事ということがお分かり頂けると思います。

 

それでも、住居に関して心配がないのならば、毎月支払う家賃を考慮する必要はないため、40代という早い段階からセミリタイアを実現させることができるかもしれません。

 

今後、日本がどのようになっていくのか分からないものの、このまま不況が続くことを考えれば、会社で働き続ける意味がないのではという疑問を抱く方も増えるはずです。

 

新しい人生を歩むための方法の一つがセミリタイアなので、一度しかない人生を少しでも楽しむために、働き詰めの生活から抜け出したいという方は是非試してみてください。

 

 

「セミリタイアの生活」についてのページ