老後のセミリタイア

 

老後のセミリタイアについて

老後にセミリタイアをしようと考えている方はいらっしゃいます。

 

日本で好きな場所で過ごしたり、海外へと移住して自由気ままに暮らしたりと、老後のセミリタイアには幾つもの選択肢があるのです。

 

頼りない年金制度が今現在の状況で、老後の暮らしに不安を抱えている方は多いかもしれません。

 

確かに、国民年金というキツめの条件で考えると老後に貰える資金はかなり低くなりますし、「本当にセミリタイアは可能なのだろうか?」という疑問は出てきます。

 

しかし、物価の高い日本で生活するのではなく、物価の安い海外へと移住して暮らすことも十分に可能で、貰える年金額は同じなので余裕のある豊かな生活を老後に送れるのです。

 

もちろん、「家族はどうするのか?」「子供はどうするのか?」「友人と会えなくて寂しいのではないか?」という問題はあります。

 

それでも、資金面だけで見てみれば老後に海外でセミリタイアをするのは決して不可能な話ではなく、ある程度の貯蓄があれば現実的なのではないでしょうか。

 

タイやマレーシア、フィリピンといった国々が物価が安くて住みやすいと有名で、実際にこれらの海外でセミリタイアを実現している方はいらっしゃいます。

 

日本の物価の4分の1から3分の1程度なので、ゆとりある暮らしができることがお分かり頂けるはずです。

 

「会社人として人生の大半を過ごしてしまった」「もっと自分の生きたいように生きれば良かった」と老後に後悔している方は少なくありません。

 

人間が生きていくに当たって何かしらの制約があり、自分の欲望のままに生きることができないのは誰でも一緒です。

 

しかし、人間らしく生きたいと思っているのならば、一生社蓄として過ごすのではなく、お金を貯めてセミリタイアをするのが良いのではないでしょうか。

 

定年まで勤め上げて海外で暮らそうと思っていても、そこから自分にできることは限られております。

 

だからこそ、40代や50代というまだまだ若い年齢でセミリタイアを行い、自分にベストな生き方を選択している方が増えているのです。

 

独身なのか結婚しているのかによって考え方は異なりますし、セミリタイアする人生が全てというわけではありません。

 

むしろ、会社の中で一生を過ごして貢献することができ、「幸せな人生だった」と感じる男性も少なからずいらっしゃいます。

 

何が自分にとって幸せなのか価値観は人によって大きく異なるので、なるべく早い段階から老後の生活を頭で思い描いてみてください。

 

 

「セミリタイアの年齢」についてのページ