セミリタイアは何歳からできるの?

 

セミリタイアは何歳からできるの?

何歳からセミリタイアができるのか、気になっている人は少なからずいらっしゃるはずです。

 

定年まで働き続けるのは誰でも嫌ですし、早めにセミリタイアして優雅な生活を送ることができれば何て幸せなんだろうと思っているのではないでしょうか。

 

「セミリタイアは○○歳からできる」と決まっているわけではなく、資金があれば何歳からでも実行に移せます。

 

20歳からでも50歳からでも特に厳密に定められているわけではなく、自分がセミリタイアしたいと思った段階でセミリタイアできるのです。

 

もちろん、早期リタイアをすれば当然のように決まった収入が得られなくなるので、ある程度の貯蓄は必要となります。

 

仮に、40歳の独身の男性がセミリタイアを実現するとなると、5,000万円程度の費用が必要となるのです。

 

1年間で100万円しか生活費で使わないとしても、10年間で1,000万円が必要となりますし、40歳から40年間に渡って生きると仮定すれば軽く5,000万円を超えたとしても不思議ではありません。

 

このように、セミリタイアを実現させるためにはかなりの貯蓄が必要なので、何歳からできるとしても今の資金と照らし合わせて考えなければならないのです。

 

「今の仕事を続けるのが辛い」「同僚と上手く人間関係を築けない」「定年まで社蓄になるのは勘弁」と考える気持ちは十分に分かります。

 

女性であれば結婚して専業主婦になるという選択肢はありますが、男性の場合は基本的に定年まで働き続けなければならないのです。

 

そんな人生を考えると、どんな男性でもセミリタイアして海外で優雅な生活を送りたいと考えるのは普通ですし、これが人間なのではないでしょうか。

 

しかし、セミリタイアしたいという気持ちが強かったとしても、何歳からでも実現できるとしても、お金がなければ成立しないことを心得ておくべきです。

 

そこで、サラリーマンとして働いている最中に副業を始め、少しでもお金を稼げるようにしておくのが良いかもしれません。

 

サラリーマンでも空いた時間を用いてアフィリエイトといった副業に挑戦することはできますし、1ヶ月に10万円でも稼げるようになっていれば会社を辞めても収入がゼロにはならないはずです。

 

恐らく、セミリタイアする人の多くは会社を辞めても、副業の収入がいくらかあると思います。

 

副業での収入を考慮せずにセミリタイアするとなると、莫大な貯蓄がなければ実現は難しいですし、家族を持っていれば尚更なので早い年齢から計画を練ってみてください。

 

 

「セミリタイアの年齢」についてのページ