女性のセミリタイア

 

女性のセミリタイアについて

仕事だけの人生で終わってしまうのが寂しいということで、セミリタイアする独身の女性は増えております。

 

女性の社会進出は以前と比べて遥かに進んでおり、仕事に精力を出すというのは生き方の一つです。

 

しかし、仕事で忙しく自分の時間を持てないという女性は多く、趣味や快楽に費やす時間を増やしたいということで、セミリタイアを考える方が増えているのかもしれません。

 

しかし、これは女性に限った話ではありませんが、セミリタイアをするためには貯蓄が必要で、老後を安定に過ごせる程度の資金を持ち合わせていなければ、かなり難しいと説明できます。

 

自分で事業を興しており、会社からの給料以外にも収入があるのならば、セミリタイアしても生活を維持できるはずです。

 

もし、そのような収入が一切ないのならば、生活を維持させるためにも、貯金を食いつぶすだけの生活では心もとないので、セミリタイアはできないと考えた方が良いと言えます。

 

結婚する予定がなく、このまま一人で生活していこうと考えている女性であれば、老後の生活資金を貯えるためにも、職場で働き続けるという選択肢がベストです。

 

女性に限らず、仕事に対して悪いイメージを持っているという方が多いかもしれませんが、労働をして収入を得ることによって社会との繋がりを持てるというメリットがあります。

 

働かなくても自分の行動によっては、社会と繋がりを持つことは十分にできるものの、労働を行うことで人との繋がりが生まれますし、「自分は少しでも社会に貢献している」と考えられるのです。

 

実際のところ、仕事を辞めて専業主婦になった女性の中で、「社会から取り残されている」「毎日が同じ繰り返しでつまらない」と感じた方はいらっしゃるでしょう。

 

そのため、専業主婦という道を進まずに、旦那さんと同じように働き、収入を得ているという女性の方が増えているのです。

 

不況の煽りを受け、旦那さんの収入だけでは家計を維持できないということも理由の一つかもしれませんが、働くことはそこまで悪い面はないと説明できます。

 

それでも、今の会社で一生働き続けることに不満を覚えるのであれば、何かしらの形で収入を得て、セミリタイアするのは個人の生き方の一つです。

 

一度セミリタイアしたからと言って、元の職場に戻れないとしても、他の仕事をして生計を立てていくことは決して不可能ではないので、人生の選択の一つとして、セミリタイアを一度試してみてください。

 

 

「セミリタイアの年齢」についてのページ