30代でセミリタイア

 

30代でセミリタイアをしよう

30代という若い年齢でセミリタイアを実現したいと考えている方は、非常に多くいらっしゃいます。

 

「同じ会社で10年以上働いてきたけど何かが違う」「この会社で定年まで働き続けることはできない」と感じた方は、30代でセミリタイアを実行するというわけです。

 

もし、30代である程度の貯蓄があり、他の副業で収入を得られるあてがあるのならば、セミリタイアして新たな人生を送るのは選択肢の一つだと言えます。

 

ただ自分を押し殺して働き続けるというだけが人間の生き方ではありませんし、人生をリフレッシュさせることができるのがセミリタイアの大きな魅力なのです。

 

ただし、「セミリタイアすれば毎日が夏休みになる」という感覚で考えているという方は、少々注意しなければなりません。

 

確かに、セミリタイアすれば会社に縛られることはなくなるため、自分の好きなように人生を送ることができますし、旅行に行ったり趣味の時間に費やしたりと、今までできなかったことが簡単に実現できます。

 

しかし、セミリタイアを行う上で、「ある程度の資金を持っている」「生活費を稼げる目処が立っている」というのが最低条件なので、30代では実現が難しいという方は多くいらっしゃるのです。

 

いくらセミリタイアしたいという願望が強かったとしても、お金がなければ生きていくことができませんし、30代から死ぬまで遊んで暮らしていくためには、莫大なお金が必要となります。

 

それだけのお金を30代のうちに貯めるというのは不可能なので、貯金が貯まるまでは働いて節約を行い、場合によっては副業も同時に行っていかなければならないのです。

 

30代でセミリタイアを実現させることができたという方は、会社で働いて得たお金だけではなく、何かしらの形で事業を行い、副収入を得ていることが多いと説明できます。

 

仮に今の会社を辞めたとしても、その後の生活に支障を来たすことがないからこそ、セミリタイアをして新たな人生を送れるというわけです。

 

企業で働きながらでも、アフィリエイトや情報販売といったネットビジネスを平行して行うことはできるため、30代でセミリタイアを実現したいのであれば、周りの人よりも努力をしていかなければなりません。

 

「会社で働いた後に自分の事業のために勉強するなんてできない」と考えるかもしれませんが、気軽な気持ちで成功できるほどセミリタイアは甘いものではないのです。

 

とは言え、何も考えずに生きるのではなく、何か目標を持って精進することは大事なので、自分にできる範囲で努力を積み重ねるようにしてください。

 

 

「セミリタイアの年齢」についてのページ