南の島でセミリタイア

 

南の島でセミリタイアをしよう

セミリタイアして充実した生活を送りたいのであれば、南の島が適していると考えられております。

 

もちろん、暖かい地域が好きではないという方はいらっしゃいますし、セミリタイアには色々な考え方があるので、全ての人に該当するという話ではないです。

 

しかし、もし家族や趣味を大切にしてのんびりとした人生を送りたいのであれば、色々なことにチャレンジできる南の島が最適というわけです。

 

子供がいるという家庭は、その教育環境にも十分に配慮しなければなりませんが、南の島の大自然で育てれば、大らかな大人に育ってくれると考えられます。

 

タイやフィリピンといった海外の南の島でセミリタイア後の生活を送るという選択肢もあるものの、日本の沖縄でも同じような生活を送ることができるでしょう。

 

海と森の自然で溢れかえった場所ですし、首都の那覇であればある程度産業が発展しているため、生活に不自由するということは絶対にないはずです。

 

「家族のため」だからといって、定年まで働き続けて仕事に追われ、休日も取れないような生活を送るのが必ずしも最善の策だとは言い切れません。

 

お金を稼がなければ家族を守ることはできないものの、家族と一緒に楽しめるような生活を送るのが一番なので、早期にセミリタイアして南の島で暮らすために、資金を貯める必要性があります。

 

どんなにセミリタイアしたいという思いが強かったとしても、貯蓄がなければそれを実現させることはできないため、老後の生活を確保するまでのどの程度の資産が必要となるのか、事前に考えておかなければならないというわけです。

 

また、海外の南の島でセミリタイア後の生活を送るという場合、日本とは違って新種のウイルス性の病気や、見たこともない害虫が存在するため、安全が損なわれる危険性があります。

 

そのため、「どのような感染病が流行っているのか?」「医療は発達しているのか?」ということをあらかじめ調べておかなければならないというわけです。

 

そこで、南の島での生活を夢見ているという方には、『南の島でプチリタイアするための人生設計術』という本を読んでみてください。

 

この本では、多額の資産がなかったとしても、不動産投資で収入を得て、南の島で暮らせるようになるまでのノウハウについて詳しく記載されております。

 

投資の知識や考え方についてきちんと把握できるようになりますし、人生を長い目で見て一時的な休息が大事だということについて理解できるので、読む価値は大いにあるはずです。

 

 

「セミリタイアと移住」についてのページ