海外でセミリタイア

 

海外でセミリタイアをしよう

海外でセミリタイア後の生活を送りたいと考えているのであれば、東南アジアがおすすめとなっております。

 

欧米諸国といった場所は日本と物価が変わらず、優雅な暮らしを送りたいと考えていても、ある程度の貯蓄がなければ実現させることができません。

 

その点、東南アジアであれば日本よりも物価が安く、生活コストを抑えることができるので、そこまで多くの貯蓄がなかったとしても、海外でセミリタイア生活を送れるというわけです。

 

どの場所に住むかによって異なるので、一概に説明することはできないものの、カンボジアやタイ、フィリピンやマレーシアといった国であれば、日本よりも広い間取りのマンションに住み、スポーツクラブに通って汗を流すという優雅な暮らしをしたとしても、1ヶ月10万円以内で抑えることができます。

 

食事に関しても、ローカルフードの屋台であれば1食100円程度で食べられるので、現在では海外でのセミリタイア生活を送っている日本人が数多くいらっしゃるのです。

 

「治安が悪いから危険なのでは?」という疑問を抱える方がいらっしゃいますが、日本人しか住んでいないようなマンションで生活できますし、ガードマンも付いているので危険ということはないでしょう。

 

もちろん、観光客をカモにしようとする詐欺は日本よりも圧倒的に多いため、繁華街で遊ぶような時は十分に注意しなければならないのです。

 

それでも、安い費用で日本とは異なった生活を送っていくことができるため、東南アジアといった海外でセミリタイア後の生活を送るのは選択肢の一つだと説明できます。

 

しかし、ローカルフードの屋台で食事をする場合、衛生面が悪い場所があり、食中毒で担ぎ込まれると医療費が高くつく可能性がありますし、感染病にかかるという心配もあるのです。

 

この点に関しては住む地域によって大きく異なるので、事前にどの国に移住するのがベストなのか調べておいた方が良いでしょう。

 

また、セミリタイアして海外で生活を送ろうと考えている方には、『セミリタイア成功術―海外で半分遊んで半分働く豊かな暮らし』という本を読むべきです。

 

この本では、海外に移住して好きなことだけを仕事にして生活を送っている著者の生きる道筋が記載されており、どのように実現させれば良いのか詳しく説明されております。

 

正規永住ビザを取得する要件や、趣味や遊びの方法など、海外での生活に欠かせないことが記されているので、是非参考にしてみてください。

 

 

「セミリタイアと移住」についてのページ