田舎でセミリタイア

 

田舎でセミリタイアをしよう

田舎に引っ越してのんびりとしたセミリタイアライフを送りたいと考えている方は、少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、田舎であれば都会のような喧騒はありませんし、子供を伸び伸びと育てたいと考えている方は、田舎に引っ越すというのは選択肢の一つです。

 

仮に、セミリタイアしたとしても、アルバイトやネットビジネスなどで副収入を得ることはできますし、何よりも毎月掛かる家賃は都会よりも田舎の方が圧倒的に安くなっております。

 

東京でも住む地域によっては家賃はかなり安く設定されておりますが、もっと地方に足を運べば広々とした間取りの賃貸だったとしても、格安の料金で住めるというわけです。

 

同じ日本なので、食費や交通費にはそこまで大きな違いがないものの、都会でセミリタイア後の生活を送るよりも、田舎でセミリタイア後の生活を送った方が、生活コストを大きく下げられます。

 

最近では、30代や40代など、若年層のセミリタイアが流行しており、1日でも早く会社勤めから解放されたいと考えている方が多いようです。

 

確かに、毎日決まった時間に出社し、不況の煽りを受けて残業しても大した残業代をもらえず、上司のパワハラなどを受けながら耐え続けなければならないという状況も十分にあり得ます。

 

良好な職場環境で楽しく働いているという方は多いものの、「今の生活を65歳の定年まで続けるのは絶対に無理」と考えている方が、セミリタイアを夢見ているのでしょう。

 

「単身赴任に疲れた」「人間関係に疲れた」と感じる方は決して少なくないため、老後まで生きていく貯蓄があるのならば田舎でのセミリタイア生活は選択肢の一つというわけです。

 

しかし、都会の会社を辞めてセミリタイアし、田舎に移り住んだという方が、生活の違いに馴染めずに都会に戻ってきてしまうというトピックスや話は良く聞きます。

 

確かに、都会に住んでいると電車や車の音といった喧騒で溢れかえっており、駅前には高層マンションが連なっているため、満足に星を見ることもできません。

 

その点、田舎であれば自然や里山風景、小鳥の囀りや大気汚染されていない美味しい空気など、都会とは全く異なるため、憧れるという方が多いというわけです。

 

それでも、地元の習慣や地域の常識に馴染まなければなりませんし、住む地域に友人がいないのであれば、プライベートがつまらなくなります。

 

そこで、セミリタイアして田舎暮らしをしたいと考えている方は、あまり遠くに引っ越すのではなく、いつでも都会に戻って来られるような場所をキープしておくべきです。

 

 

「セミリタイアと移住」についてのページ