アジアでセミリタイア

 

アジアでセミリタイアをしよう

セミリタイアをして、アジアに移住するという日本人の方は増えております。

 

アジアのどこの国でも、基本的に日本よりも物価が安くなっているため、日本で貯蓄を食いつぶしてセミリタイアするよりも、遥かに安い料金で暮らせるというメリットがあるのです。

 

例えば、アジアのタイであれば、エアコンつきのアパートに住み、ゴルフや日本食の買い物など、ある程度優雅な暮らしをしていたとしても、1ヶ月25万バーツ(約8万円)で済みます。

 

つまり、1年間で100万円もあれば、特に生活レベルを下げることなく、タイで暮らせるというわけです。日本であれば1年間で100万円以内に抑えるということはほぼ不可能ですし、毎月支払う家賃だけで消えてしまうでしょう。

 

家賃以外にも光熱費や食費、携帯電話代などありとあらゆる出費がかさんでしまうため、セミリタイア後に特に副収入がないという状態であれば、かなりの貯金額がなければ暮らしていけないのです。

 

65歳を過ぎて年金を受給できると考えても、50歳からセミリタイアを考えているのであれば、最低でも4,000万円以上の貯蓄が必要となるため、日本に住むという方が少ないのかもしれません。

 

その点、アジアであれば1年間で100万円以内で抑えるのは現実的で、10年間で1,000万円、30年間で3,000万円あれば単純に生活していくことができるので、セミリタイア後の移住国として非常に適しております。

 

もちろん、毎日繁華街に遊びにいくような生活をしたいのであれば、日本で暮らすのと同じ程度の資金が必要となるものの、インターネットを使用してアフィリエイトなどを行い、副収入を得ているのであれば、セミリタイアは十分に可能なのです。

 

現地で新たにビジネスを始めるのは手続きが面倒ですし、ある程度のリスクがあるのですが、ネットビジネスであればアジア諸国にいながら日本とやり取りを行えるので、少しでも収入を得るためにチャレンジしてみた方が良いかもしれません。

 

あまり貯蓄がないのであれば、アメリカやイギリスといった欧米諸国に移住するのは少々困難なので、アジアの国に移住するという選択肢が適しております。

 

「治安が悪いのではないか?」「食事が口に合わないのではないか?」という疑問を抱く方はいらっしゃるはずです。

 

しかし、タイやフィリピンといった国であれば、移住している日本人は非常に多く、日本食だけを取り扱っているレストランは存在します。

 

とは言え、このようなレストランは現地の人が食べる食事よりも高く、毎日のように足を運んでいると日本での食費と変わらなくなってしまうので、十分に注意してください。

 

 

「セミリタイアと移住」についてのページ