アメリカでセミリタイア

 

アメリカでセミリタイアをしよう

「セミリタイアをして気候の温暖なカリフォルニア州で残りの人生を過ごしたい」というように、アメリカへの移住を考えているという方はいらっしゃるはずです。

 

アメリカやイギリスといった欧米諸国に良いイメージを抱いている方は多く、セミリタイア後に暮らす地域の選択肢の一つだと説明できます。

 

もちろん、言語の壁があるため、快適な生活を送るためにも、セミリタイアしてアメリカに住みたいというのであれば、ある程度英語を勉強しておかなければなりません。

 

アメリカに住みたいという方が、全く英語が話せないということはないかもしれませんが、もしかしたら自己紹介すらろくにできないのにも関わらず、海外への移住を考えている方はいるはずです。

 

会社勤めで貯めた貯蓄がたくさんあり、特に副収入を得なくても老後までの生活は安定しているのであれば、通訳さんを雇えば良いので生活に支障が出るというケースはほとんどないと説明できます。

 

しかし、アメリカは日本とそこまで物価に違いがあるというわけではありませんし、むしろアメリカの方が生活費や物価が高い可能性もあるので、余程の額の貯金がないという場合は、セミリタイアして優雅な生活を送ることはできないのです。

 

不動産投資やアフィリエイトなど、何かしらの形で副収入があるのならば、セミリタイア後のアメリカでの優雅な暮らしも不可能ではないでしょう。

 

アフィリエイトであれば、インターネットの接続できる地域であればどんな場所でも行うことができるため、アメリカに住みながら日本のお客さんとやり取りを行うこともできます。

 

とは言え、セミリタイアをする場合は、老後までどの程度の資金が必要で、その貯蓄額が現在満たしているかどうか確認し、その上で行動に移さなければならないのです。

 

もし、あまり生活水準を落とさずに、セミリタイア後に優雅な暮らしをしたいと考えているのであれば、物価の高いアメリカではなく、物価の安いラオスやカンボジア、ミャンマーやシンガポールといった東南アジア諸国をおすすめします。

 

これらの地域であれば、日本や欧米諸国と比べて遥かに物価が安く、地域によって微妙に違いが生じているものの、1食100円でお腹いっぱい食べることも十分に可能です。

 

「現地の食事が口に合わないかも」と悩んでいる方はいらっしゃいますが、どの国でも日本人向けのレストランはあるので心配する必要はありません。

 

セミリタイア後の貯蓄が少なくて不安を感じるのであれば、アメリカではなく物価の安い国への移住を試みるようにしてください。

 

 

「セミリタイアと移住」についてのページ