セミリタイアのシュミレーション

 

セミリタイアのシュミレーションについて

セミリタイアしたいと考えているのであれば、かかる資金のシュミレーションを最初に行わなければなりません。

 

セミリタイアの方法自体は難しいというわけではありませんし、仕事を辞めて好きな生活を送ることがセミリタイアなので誰でもチャレンジできます。

 

しかし、仕事を辞めれば当然のように定期的な収入は得られなくなるため、今までの貯金を食い潰す生活が待っているのです。

 

「新たに起業してお金を稼ぐ」「家賃収入がある」という方であればまだしも、何も収入の目処が立っていない状態でセミリタイアを行うのは危険なので、シュミレーションが大事だとお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

持ち家がないのならば早期リタイアして老後に年金をもらえるまでの家賃の合計をシュミレーションしなければならず、当然のようにその間の生活費も加えていきます。

 

そして、車や住宅のローンにかかる費用も計算しなければならず、それだけの貯蓄を持った状態でやっとセミリタイアが実現できるのです。

 

確かに、定年まで会社で働き続けるのは並大抵のことではありませんし、「早めにセミリタイアして優雅な生活を送りたい」という気持ちは分かります。

 

それでも、資金がなければセミリタイアは絶対に実現できませんし、独り者であればまだしも、奥さんや子供など家族を抱えているのであれば自分だけの問題では済まされません。

 

奥さんや子供を路頭に彷徨わせるわけにはいかないので、念入りなシュミレーションを行ってお金で心配することがない状態でセミリタイアを行うべきです。

 

現実的に、短期間で老後の生活をまかなえるだけのお金を稼ぐのは難しいので、セミリタイアが実現できる年代は50代以降になります。

 

20代や30代といった若い年齢でセミリタイアできる人はかなり少ないですし、余程の大物か事業に成功しない限りは難しいと心得ておくべきです。

 

とは言え、50歳でのセミリタイアが遅いというわけではありませんし、定年までの15年間を自由に暮らせると分かれば、実現するためにシュミレーションを練ってお金を貯めようと努力できるのではないでしょうか。

 

サラリーマンの方でセミリタイアすることが夢だと掲げている方は多いですし、日本であれば難しいとしても物価の安い海外へと移住すれば、日本で生活するよりも安い費用でもっと優雅な生活を送れるのです。

 

起業して得られる収入がそこそこ多ければ、もっと早い年代でセミリタイアできるので、一度シュミレーションをしてみてください。

 

 

「セミリタイアの方法」についてのページ