セミリタイアの計画

 

セミリタイアの計画について

セミリタイアを実現させるためには、資産計画をきちんと練っておかなければなりません。

 

計画なしにセミリタイアをするのは非常に危険で、「○○○万円程度あるから大丈夫だろう」という安易な考えで会社を退職してしまうと、「辞めなければ良かった」と後悔することになります。

 

特に、資産計画は重要な要素の一つで、今現在の貯金額だけではなく、他の方法で副収入を得て生活費の一部とできるのかどうか考慮し、老後までの資金を計算していかなければならないのです。

 

もし、収入を得られる当てがないのならば、セミリタイアをする際に多額の貯金が必要ですし、仮に何かしらの形で副収入があったとしても、十分な金額ではないのならば、今後増やしていけるかどうか考慮する必要があります。

 

セミリタイアの途中で資金が尽き、再就職しようと思っても雇ってくれる企業がどこもないという状態は絶対に避けなければならないため、資産計画が重要だということはお分かり頂けるはずです。

 

「○○歳までにはセミリタイアしたい」という強い願望があるのならば、本業と副業を全力で頑張り、一定の貯蓄を作ることで、今後の人生は会社に縛られることなく、自分で得た収入だけで生活を送れるようになります。

 

会社に縛られずに済むということは、時間を自由に使えるということを指しており、自分の好きな時に働き、自分の好きな時に休むという理想的な生活を送れるのです。

 

会社勤めの方がこのような生活を送るのは不可能で、毎朝決まった時間に出社し、決められた時間まで働き続けなければなりません。

 

そのような生活を定年退職まで続けるのが無理なのであれば、セミリタイアして新たな人生を歩むという選択肢が適しております。

 

また、資産計画だけではなく、セミリタイア後にどのような生活を送るつもりなのかといった計画も、会社を辞める前に考えておくべきです。

 

特にやりたいことがないのにも関わらず、会社を辞めてセミリタイアしたとしても、暇な時間が続いて逆にうつになってしまい、なぜ会社を辞めたのかその理由が分からなくなるというケースは十分にあり得ます。

 

せっかくセミリタイアをして自由になったのにも関わらず、毎日ボーっと過ごすのは時間の無駄なので、セミリタイア後にどのような生活を送るのか計画を立てておいた方が良いというわけです。

 

以上のように、いざ会社に退職届を出して辞める前に、資産計画とライフ計画を考え、新たな夢や目標を持って新しい人生を歩むようにしてください。

 

 

「セミリタイアの方法」についてのページ