セミリタイアの人生はどうなの?

 

セミリタイアの人生はどうなの?

セミリタイアは、実は日本よりも欧米で流行しており、仕事だけに一生を費やすのではなく、自分の好きな人生を歩みたいと考えている欧米人は非常に多いのです。

 

欧米では、「セミリタイア」ではなく「アーリーリタイア(early retire)」と呼ばれており、「いずれはアーリーリタイアしたいか?」という質問をすると、ほとんどの方がイエスと答えます。

 

しかし、日本でセミリタイアしたいと回答する方は約半数で、「セミリタイアは悪いこと」「セミリタイアはお金持ちしかできない」と考えている方が多いのです。

 

もちろん、今まで働いてきた会社を辞めるということは、毎月貰っていた収入がなくなってしまうため、セミリタイアは絶対に肯定できるというわけではありません。

 

欧米人と日本人とでは、文化の違いや価値観の違いがあるかもしれませんが、日本人の方が自分の人生について深く考えていないような気がします。

 

個別のライフプランという考え方があまり浸透していないのは事実で、自分の人生よりも安定を取ろうとする傾向があるため、全ての方がセミリタイアしたいと回答するわけではないのです。

 

個人の考え方や価値観に起因する内容なので、積極的にセミリタイアをおすすめできるというわけではないものの、一度きりしかない人生なので、好きなように楽しむというのも選択肢の一つだと言えます。

 

もし、定年まで働き続けていたとしたら、自由に使える時間は限りなく少なくなってしまいますし、高齢になってからできることは限られてしまうのです。

 

「いつかは世界一周旅行に行きたい」という素晴らしい夢を抱えていたとしても、定年してから体力がなくなったり病気を患ったりして、実現できない可能性は十分にあります。

 

その点、セミリタイアをすれば会社に縛られる必要性はなくなるので、日本一周旅行でも世界一周旅行でも、自分の好きなように人生を送れるはずです。

 

何よりも、貯蓄がなければセミリタイアを実現させることはできませんが、自分の求める人生を送るためにも、若い頃にがむしゃらに働いてお金を稼ぐのは、生き方の一つかもしれません。

 

しかし、「セミリタイア=幸せ」というわけではなく、「セミリタイアして自分のやりたいことにチャレンジする=幸せ」なので、セミリタイア後にどのような人生を送るのか事前にプランを立てておくべきです。

 

セミリタイアしてみたものの、時間が有り余りすぎてやることがないという状況では、決して幸せとは言えないので、何をやりたいのか明確にしておいてください。

 

 

「セミリタイアに関する疑問」についてのページ