セミリタイアとは

 

セミリタイアとは

セミリタイアとは具体的にどのような意味なのか、意外と知らないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

セミリタイアを簡潔に説明すると、60歳や65歳など企業によって異なるものの、定年前に会社を辞め、何かしらの手段で収入を得て生活をし、気ままに暮らしていくことを指します。

 

恐らく、アメリカ人やイギリス人といったネイティブには「セミリタイア」と言っても和製英語なので通じず、「early retirement」といった方が良いかもしれません。

 

何と言っても、セミリタイアの大きなメリットは、定年退職まで働かなくて済むということで、個人によって生活の仕方には違いが生じておりますが、海外の南の島やリゾート地で悠々と暮らす方が多いはずです。

 

サラリーマンとして定年まで働き続けなければならないというのは、とても大変なことで、話したくない人とも上手く付き合っていかなければならず、人間関係にストレスを感じているという方は多くいらっしゃいます。

 

人間関係が原因で会社を辞めたいと感じている方は非常に多く、心身ともにストレスを感じそれを普段の生活で上手く発散できていないと、うつ病や自律神経失調症になる危険性もあるのです。

 

そのようなしがらみから抜け出る方法の一つがセミリタイアで、早めに会社を辞めて自由気ままに暮らすことにより、残りの人生を満喫できることは間違いないでしょう。

 

もちろん、セミリタイアをするためには貯蓄が必要で、独り者という方であればまだしも、奥さんや子供など家庭を持っているという男性であれば、自分の意志だけでセミリタイアすることはできないのです。

 

とは言え、会社で働き続けないとしても、自分で事業を興すというのも選択肢の一つですし、気が向いた時だけ仕事の依頼を受けるようにしていえば、自分の時間を大切にできます。

 

このようなセミリタイアは、実は日本よりも欧米で流行しており、ある一定期間だけだったとしても会社勤めとは異なる形で生活を送っていくことにより、自分の価値観が大きく変化し、復帰した時に以前とは異なる形で人生を送れるようになるのです。

 

ある程度のリスクを背負わなければならないものの、好きなことをして残りの人生を満喫したいのであれば、セミリタイアという手段が実に適しており、今までできなかったことにチャレンジするチャンスとなります。

 

「海外でのんびりと暮らしたい」のであれば、アジア諸国やニュージーランド、欧米といった好きな地域に出掛ければ良いですし、スポーツが趣味ならば今までよりも長くその時間に費やすことができるはずです。

 

いくら職場で高い評価を得ていたとしても、仕事に追われてゆっくりと休む休日もなく、会社のために時間を奪われているような状態は、自分にとっても家族にとっても決して良いというわけではありません。

 

「家族を養うために必死で働いてお金を稼ぐ」というのも考え方の一つですが、少し見方を変えてセミリタイアをするという選択肢も頭に入れてみてください。

 

以下のサイトは、アフィリエイトや投資でまとまった資産を築き若くしてセミリタイアした方のブログです。

 

セミリタイア後のライフスタイルも参考になるので読んでみてください。

 

のーまねー、のーふりーだむ